エコ・パーク論所原

「自然循環型社会」をテーマにした体験型のエコ・バークである。日本の国立公園第一号である雲仙天草国立公園内に位置し、環境に考慮したオートキャンプ場、体験農園や自然食レストランのあるセンターハウスなどがある。子どもから大人まで自然とのふれあいを楽しむことができる。

Eco-park Ronshobaru の写真・レビュー Powerd by Google

Hosu Abi ★★★★★
In a beautifully landscaped setting in the national park. Tent sites and autocamper sites well laid out with proper pitch and level on a hilly site providing views and space. Facilities are good. Whilst official info says no AC for camper vans, given not too busy we could get a pitch near the toilet block which use of long lead (provided by campsite ) to hook up. Great for kids especially if like to collect grasshoppers. Also a small animal site with goat, sheep and rabbits and horse riding.

Vio roussel ★★
4000yen when you bring your own tent is very expensive when there are plenty free or very cheap camping around kyushu. Disappointed. Since the view is very nice

Ken Gilmer ★★★★★
The cabins are extremely nice.

ちゃんしんば ★★★
下見に行って見たが、大雨↓でも、キチンと整備されていて良さげ♪ キャンプ場は8の字の内外に個別に車ごと入れて12~3㎡ぐらい。場所によって電気が使えるらしい。 トイレ・シャワーは円の内側か、事務所兼レストラン。 グランピングとまではいかない?が予約でテント・食事の準備もしてくれるみたい。     食事はしなかったが、レストランの唐揚げも生姜風味で美味しw 予約は必須。ケビンの寝具は別料金みたいやね

門脇菜々絵 ★★★★★
コテージに一泊しました。念入りに下調べしましたが、ホームページ の情報が少なく感じたのでご参考ください。 ▽コテージ設備として料金に含まれる物 冷蔵庫 扇風機2台(エアコン無し) アースノーマット 箒と塵取り 包丁、まな板 鍋、フライパン、ヤカン 炊飯器、ポット グラス、コップ、深皿、お椀、スプーン、フォーク、箸、フライ返し、お玉 時期的にテラスでBBQしていたら、カブト虫が数匹飛んで来て、子供が大喜びでした。アブやアリが多かったので、虫除けスプレーは持参をお勧めします。草スキーが出来る場所があります。 お風呂やトイレは広めで清潔でした。コンクリートでは花火も出来ます。 子供達は住みたいと言うほど良い施設でした。次回は涼しい時期に行きたいです。

基本情報

エコ・パーク論所原
住所/ 859-2303 長崎県 南島原市 北有馬町丙4731-2
Tel/0957-65-7056
Fax/0957-84-2302
アクセス/福岡市より車で(高速)約3時間 熊本市より車で(フェリー)約2時間 長崎市より車で約1時間40分 島原市より車で約45分 雲仙より車で約15分 諏訪池より車で約7分
料金/オートキャンプサイト 1区画4,000円~
ケビン 15,000円~
営業時間/休み:毎週火曜日(トップシーズンは休まず営業) 売店・レストラン AM10:00~PM6:00
Updated: 2013.12.20 Updated: 2013.12.20

Home > スポット > 島原・雲仙・小浜 > エコ・パーク論所原

スナップショット