南島原市口之津歴史民俗資料館・海の資料館・与論館

口之津港と共に繁栄・衰退を繰りかえしてきた口之津の歴史が詰まった資料館である。

歴史民俗資料館は、長崎税関口之津支署庁舎跡を国より払下げを受け利用している明治洋風建物で、館内には先祖が残した貴重な生活用品・用具など多くの歴史的遺産を展示している。

海の資料館には、海とともに栄えた口之津町の歴史を学べる品々や海外の民工芸品など海に関する資料を展示。

与論館は、明治32年に災害対策として鹿児島県与論島から集団移住された人々の住まいである「与論長屋」を再現している。

基本情報

南島原市口之津歴史民俗資料館・海の資料館・与論館
住所/ 859-2502 長崎県 南島原市 口之津町甲16-7
Tel/050-3381-5089
Fax/0957-86-4880
E-mail/k-shiryoukan@minami-shimabara.jp
アクセス/島鉄バス:口之津バス停下車徒歩15分   ※早崎循環バス:口之津駅前乗車→資料館前下車徒歩2分(1日7便) 口之津~天草フェリー:口之津港下船徒歩15分
料金/一般  1名:200円/高校生  1名:150円/小中学生  1名:100円
(20名以上団体割引)  
一般  1名:150円/高校生  1名:100円/小中学生  1名:70円
営業時間/9:00~17:00 休日:毎週月曜日、年末年始(12/29~1/3)
Updated: 2013.12.20 Updated: 2013.12.20

Home > スポット > 島原・雲仙・小浜 > 南島原市口之津歴史民俗資料館・海の資料館・与論館

スナップショット