エタリの塩辛

長崎の橘湾でとれるかカタクチイワシは「エタリイワシ」と呼ばれ、煮物の原料としても有名であるが、昔から秋になると、旬のエタリを用いて「エタリの塩辛」が作られてきた。昔は、主食であったサツマイモとの相性がよく、イモの甘みを引き立て好まれていた。現在は酒の肴として特に好まれ、大人の嗜好品としての存在を強めてきた。

基本情報

エタリの塩辛
住所/ 長崎県 雲仙市 小浜町富津4239
Updated: 2013.12.20 Updated: 2013.12.20

Home > スポット > 島原・雲仙・小浜 > エタリの塩辛

スナップショット