国見神代小路歴史文化公園鍋島邸

佐賀藩神代領「鍋島氏」の屋敷を中心とした、伝統的建造物群保存地区で、この地区は時が止まったかのような美しい街並みが残されている。趣のある家々や、清らかな水の流れる水路、よく手入れされた生垣などから江戸情緒を味わうことができる。平成18年に、都市景観大賞「美しいまちなみ大賞」も受賞している。

基本情報

国見神代小路歴史文化公園鍋島邸
住所/ 859-1303 長崎県 雲仙市 国見町神代丙103番地1
Tel/0957-61-7778
アクセス/島原鉄道神代駅下車→徒歩10分
料金/大人・・・200円(団体:150円)、小・中・高校生・・・150円(団体:120円)※団体=15人以上、障害者手帳をお持ちの方
・・・100円
営業時間/10:00~17:00(入場は16:30まで)、休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、その後の最も近い休日でない日が休館日)、12月27日から翌年1月5日まで
Updated: 2013.12.20 Updated: 2013.12.20

Home > スポット > 島原・雲仙・小浜 > 国見神代小路歴史文化公園鍋島邸

スナップショット