鯉の泳ぐまち

古くから水の都といわれる島原。中でも新町一帯は特に湧き水が豊富で、地面を50センチメートルも掘ると湧き水が出てくるほど。

「鯉の泳ぐまち」は、昭和53年、地域の町内会が中心となって、子供たちの感性をはぐくみ、豊かな湧き水を後世に残し、また観光に活かそうという趣旨のもと、町内の清流に錦鯉を放流したのがはじまりである。紅白、三色、黄金等の錦鯉が清冽な流れの中で泳ぐさまをみることができる。

基本情報

鯉の泳ぐまち
住所/ 855-0803 長崎県 島原市 新町二丁目
Tel/0957-63-1111
アクセス/島原鉄道「島原駅」より徒歩10分
Updated: 2013.12.20 Updated: 2013.12.20

Home > スポット > 島原・雲仙・小浜 > 鯉の泳ぐまち

スナップショット