戦艦土佐にその姿が似ているということから軍艦島と呼ばれるようになった。

端島(軍艦島)

世界遺産にも推薦する日本近代化の象徴

海の上にそびえ立つ不動の戦艦、軍艦島

長崎県長崎市(旧高島町)にある島である。正式には端島と呼ばれており、軍艦島の呼び名は、当時三菱重工業長崎造船所で建造中だった日本海軍の戦艦「土佐」に似ているとして「軍艦島」と呼ばれるようになった。かつては海底炭鉱によって栄え東京以上の人口密度を有していたが、閉山とともに島民が島を離れたため、現在は無人島である。

長崎港から南西の海上約17.5キロメートルの位置にある端島は、本来現在の3分の1ほどの面積しかない小さな瀬であった。その小さな瀬と周囲の岩礁・砂州を、1897年(明治30年)から1931年(昭和6年)にわたる6回の埋め立て工事によって拡張したものが、現在の端島である。その大きさは南北に約480メートル、東西に約160メートルで、南北に細長く、海岸線は直線的で、島全体が護岸堤防で覆われている。面積は約6.3ヘクタール、海岸線の全長は約1200メートル。

炭鉱として栄えた町

端島での石炭の発見は一般に1810年(文化7年)のこととされる。『佐嘉領より到来之細書答覚』『安永二年境界取掟書』『長崎代官記録集』によると、1760年(宝暦10年)に領土を巡った争いがあり、その中で採炭に関する記録が複数残っているが、その時期ははっきりしていない。いずれにせよ江戸時代の終わりまでは、漁民が漁業の傍らに「磯掘り」と称し、ごく小規模に露出炭を採炭する程度であった。

1869年(明治2年)に長崎の業者が採炭に着手して以来開削が進み、1890年(明治23年)に端島炭鉱の所有者であった鍋島孫太郎(鍋島孫六郎、旧鍋島藩深堀領主)が三菱へ10万円で譲渡。その後、第二竪坑と第三竪坑の開削もあって、社船「夕顔丸」の就航、蒸留水機設置にともなう飲料水供給開始(1891年)、社立の尋常小学校の設立(1893年)など基本的な居住環境が整備されていった。

端島炭鉱は良質な強粘炭が採れ、隣接する高島炭鉱とともに、日本の近代化を支えてきた炭鉱の一つであった。石炭出炭量が最盛期を迎えた1941年(昭和16年)には約41万トンを出炭。人口が最盛期を迎えた1960年(昭和35年)には5,267人の人口がおり、人口密度は83600人/km²と世界一を誇り東京特別区の9倍以上に達した。炭鉱施設・住宅のほか、小中学校や病院、寺院、映画館やパチンコ店などの娯楽施設など、島内でほぼ完結した都市機能を有していた。

世界遺産暫定リスト入りし、ストリートビューにも

2009年1月5日に、「九州・山口の近代化産業遺産群」の構成資産の一つとして世界遺産暫定リストに掲載され、今は一部の場所に限り上陸が可能となっている。2013年6月28日には、Googleマップのストリートビューが公開され、2012年に公開された映画「007 スカイフォール」では、本編に登場する廃墟の島のモチーフにもなっているなど、注目が集まっている。

Photo

貯炭ベルトコンベアー 端島小中学校 20131031-軍艦島-05 20131031-軍艦島-06 20131031-軍艦島-07

基本情報

端島(軍艦島)
gunkanjima_sq
住所/ 長崎県 長崎市 高島町端島
Updated: 2013.12.20 Updated: 2013.12.20

Home > スポット > 長崎 > 端島(軍艦島)

スナップショット