唐人屋敷跡(福建会館)

唐人屋敷跡

鎖国政策により設置された中国人住居地区の遺構

もう一つの出島、唐人屋敷の歴史

江戸幕府は1635年に中国商船の入港を長崎一港に制限したが、キリスト教徒ではない中国人は長崎市内で生活することを許可されていた。しかし、1684年以降中国商船が多数来航するようになったために密貿易が増加。中国人の居住地区も制限することになり、唐人屋敷の建設に着手。1689年に完成した。

唐人屋敷全景/Perry-Castañeda Library Map Collection/University of Texas Libraries

唐人屋敷全景/Perry-Castañeda Library Map Collection/University of Texas Libraries

1698年の大火で五島町や大黒町にあった中国船の荷蔵が焼失。それをきっかけに倉庫に目が届きやすい唐人屋敷前面の海を埋め立てて中国船専用の倉庫区域を造成。この地域は新地と呼ばれた。

1784年の大火では関帝堂を残して唐人屋敷全体が全焼する。それ以降は、中国人が各自で住居を建てることが認められた。1859年の開国によって唐人屋敷は廃屋化し、1870年に焼失。その後、中国人は隣接する長崎市新地町に中華街を形成し、長崎新地中華街となる。

また唐人屋敷跡の地域は、唐人屋敷の館内であることから館内町となる。

唐人屋敷の遺構

明治期に修復改装された土神堂、観音堂、天后堂に加え、1868年に福建省泉州出身者によって建てられた旧八門会所と、1897年に改装、改称された福建会館前門が残っている。

Photo

土神堂 天后堂 観音堂 唐人屋敷跡(福建会館)

基本情報

唐人屋敷跡
唐人屋敷跡 福建会館
Updated: 2013.12.20 Updated: 2013.12.20

Home > スポット > 長崎 > 唐人屋敷跡

スナップショット