亀山社中記念館

長崎市亀山社中記念館

明治維新へと繋がる志士たちによる日本最初の商社「亀山社中」を再現

坂本龍馬が結社した、日本最初の商社といわれる「亀山社中」。龍馬が最初に拠点を開いた地「亀山」と、仲間・結社を意味する「社中」という言葉を合わせて名付けられた。当時の建物に限りなく近く改修・復元した記念館の中では、龍馬のブーツのレプリカや亀山社中が発展してできた海援隊についての展示があり、隠し部屋として利用されていたと思われる部屋などの様子をみることができる。

Photo

長崎港を見つめる龍馬

亀山社中跡 の写真・レビュー Powerd by Google

Kiyomi Kitayama ★★★★★
It had bee the office for Sakamoto Ryoma's company.

平造 ★★★★★
駐車場は有りませんので、タクシー利用か、バス、路面電車利用で徒歩。バスだと風頭山下車徒歩10分程、路面電車は公会堂前下車徒歩20~30分程、私は公会堂前から歩く事をお勧めします、丘を上るので辛いですが、経路に眼鏡橋や興福寺も観光できるので良いです、竜馬通りの上り小道は民家や長崎先人の墓の間を通り抜けて行き面白いです、それを上りきり、目的地に着いてからの眼下の眺めを観ると達成感が有って良い気持ちです、入館料を払い、館内下足して入館、トイレは清潔で広く、手摺も付いて、ちょっとバリアフリー対応、館内をボランティアのおじさんがガイドをしてくれます、館内は竜馬の手紙や、坂本家の家紋の入った黒地二重の紋服、月琴、ピストルやブーツが展示されていて、武田鉄也氏から寄贈の龍馬肖像画が床の間に掛けられています、龍馬が良く背もたれていた柱の前で模造刀を持っての記念撮影は嬉しかったです、復元したものですが、建物や庭は当時の面影を感じさせ、想像力を画き立てられます、龍馬の手紙は送り先によって字体を変えており、興味深く新たに魅力を感じさせられました、居間や床の間(第一展示室)、縁側、廊下等は撮影OKですが、手紙などが展示されている第二展示室は撮影禁止です、幕末好きの人は長崎に来たなら是非行って欲しい場所です、所有者のご好意に感謝。

Heng Yen ★★★
是幕末志士坂本龍馬在長崎開設的一家公司,這家公司和GLOVER有生意往來,其實暗中的目的就是在做倒幕的準備。是個很小的景點,但是因為和日本的近代史有很重要的交集,所以是歷史愛好者不可錯過的地方。當中有龍馬被暗殺時賤血屏風的複製品。

noddy rider ★★
ただただキツかった。記念館を更に登ったところの風頭公園に竜馬の銅像があるのでセットでおすすめです。ルートは深崇寺から上がるとわずかに気が楽です。長照寺から上がると大変な思いをすると思います。

Moe K ★★★
受付の女性の愛想がすごく悪い。入場料を貰うなら、少しは笑顔で対応して欲しいな。中にいた中年男性のガイドさんは小学生にもとても親切で好感が持てました。

基本情報

長崎市亀山社中記念館
亀山社中記念館
住所/ 850-0802 長崎県 長崎市 伊良林2-7-24
Tel/095-823-3400
アクセス/JR長崎駅前から路面電車(蛍茶屋行乗車)利用8分、新大工町下車徒歩11分
料金/一般300円、高校生200円、小中学生150円
営業時間/9:00~17:00(最終入館は16:45) 年中無休
Updated: 2013.12.20 Updated: 2013.12.20

Home > スポット > 長崎 > 長崎市亀山社中記念館

スナップショット