スポット - 島原・雲仙・小浜

島原半島の南部にある、1496年に有馬貴純によって築かれた原城。1637年の「島原の乱」では、天草四郎を総大将とするキリシタンたちが立て籠ったといわれ、国の史跡…

国指定史跡「原城跡」の近くにある温泉。 大浴場からは有明海を一望でき、また、旧暦の3月、8月の最干潮時には、「白洲」と呼ばれる世界でも珍しいリソサムニウム礁をみ…

合戦で打ちとられた者や、捕虜の者の首を供養するための「首塚」。 雲仙市愛野町の首塚には諸説あり、島原の乱・原城落城の後、幕府が信徒一万の首級をここ愛野首塚に埋め…

島原の乱でも有名な国指定史跡「原城跡」から発掘された遺物を展示している。十字架やロザリオなどキリシタン関連のものから、使用されていたと思われる陶磁器などがある。…

古くから水の都といわれる島原。中でも新町一帯は特に湧き水が豊富で、地面を50センチメートルも掘ると湧き水が出てくるほど。 「鯉の泳ぐまち」は、昭和53年、地域の…

二級河川の管理道を舗装し、道路沿いにコスモスを植栽した道で、花を楽しめる散歩道として利用されている。ベンチ、花壇が設置されており、花壇には四季を通じてコスモスや…

雲仙温泉街の東に位置する仁田峠。春はミヤマキリシマ、秋は紅葉の名所として有名である。 妙見岳山頂へはロープウェイがあり、ロープウェイから紅葉などの季節にあわせた…

標高100mから140mの小高い丘にある公園。この公園からの眺めはすばらしく、春は桜、ツツジなどが楽しめ、秋はコスモスなどが咲き乱れる。

「21世紀に引きつぎたい日本の名松100選」に選ばれた松林があり、白砂の砂浜とともに昔ながらの美しい日本の浜辺の風景を楽しむことができる。隣接するキャンプ場でキ…

1 2 3 4 5 6 17

スナップショット