戦艦土佐にその姿が似ているということから軍艦島と呼ばれるようになった。

軍艦島、旧グラバー住宅など含む「明治日本の産業革命遺産」がユネスコ世界遺産に登録

日本が世界文化遺産に推薦していた「明治日本の産業革命遺産」は5日、ドイツ・ボンで開かれている国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会で登録が正式に決定した。

幕末から明治にかけて急速に発展した日本の炭坑、鉄鋼業、造船についての文化遺産である「明治日本の産業革命遺産」は、萩、鹿児島、韮山、釜石、佐賀、長崎、三池、八幡の8つのエリア、全23の資産で構成されており、そのうち8つの資産が長崎エリアに属する。

長崎エリアの構成資産は以下のとおり。

  1. 小菅船場跡
  2. 三菱長崎造船所 第三船渠
  3. 長崎造船所 ジャイアント・カンチレバークレーン
  4. 長崎造船所 旧木型場
  5. 長崎造船所 占勝閣
  6. 高島炭坑
  7. 端島炭坑
  8. 旧グラバー住宅
the_giant_contilever_crane_in_nagasaki

長崎造船所 ジャイアント・カンチレバークレーンは、スコットランド製。明治42年(1909年)に輸入され、現在も稼働している。

20100609-glover-00001

旧グラバー住宅は、スコットランド出身の商人、トーマス・ブレーク・グラバーが住んでいた日本最古の木造洋風建築物。国の重要文化財でもある。

20131031-gunkanjima-00020

端島炭坑、通称軍艦島。海底炭鉱として栄えたが、1974年に閉山。島内の建物は損傷が激しい。

ライター

Nagasaki365編集部
Nagasaki365編集部

Nagasaki365からのお知らせなどを投稿します。 イベントなどの情報提供は info@nagasaki365.com まで。

http://www.nagasaki365.com

Updated: 2015.07.05

Home > トピックス > ニュース > 軍艦島、旧グラバー住宅など含む「明治日本の産業革命遺産」がユネスコ世界遺産に登録

スナップショット